MENU

【集合的無意識】感情は自分の内側からと集合的無意識からやってくる

感情は自分の内側からと集合的無意識からやってくる事がある

目次

【集合的無意識】感情は自分の内側からと集合的無意識からやってくる事がある!

今自分の感情に向き合っていく中で、「怒り」「悲しみ」「苦しみ」「恐れ」の感情が出てくる方が結構いらっしゃいます。

今まで自分の中の怒りを無い事にしていたケースや、怒りが込み上げてきてもそれを出してはダメだと押し殺してしまっているケースもあります。

このような場合は、自分の感情を無い事にしても、その時は怒りを封じ込めて解決したように感じる時もあるかと思います。

しかし、このような事では全く解決に繋がりません。

汚いと思うものやネガティブだと思う事は、誰もが見たくありません。

自分の中にそのようなものがある事は否定したい気持ちになります。

社会と教育がもたらす影響:感情表現の抑制

私達は、教育により「我慢する事」や「怒ってはいけない。」と言う事を叩き込まれました。

「我慢」の文化:教育が感情に与える影響

男性は特に「男だから泣いてはいけない!」と言われた事もあったと思います。

だから、男性の方が本来の自分を取り戻す事が難しくなる場合も多いです。

それは子供の頃の素直だった魂のままの自分と、あまりにもかけ離れる教育をされてきたからです。

それにより、どんどんとハツラツとした本来の部分や、魂のあなたからかけ離れていってしまったのです。

ペルソナの形成:本当の自分との乖離

「男なんだから泣いてはいけない!」と怒られて、最初はなぜ泣いてはいけないのか分からないという気持ちがあるものの自分に素直に涙を流します。

しかし、何度となく言われていく内に「泣いたらまた怒られる。」「泣いたらお母さんに嫌われる。」と言うような感情が大きくなり、必死で泣く事を我慢します。

最初の頃は我慢していますが、それを何度となく繰り返していくうちに、いつしか我慢している事も忘れ当たり前の事になっていきます。

そして、それが本当の自分だと思い込んで生きていくようになります。

これが「ペルソナ」です。

あわせて読みたい
【ペルソナ・ユング心理学】演じている自分が本当の自分になるメカニズム 〇【ペルソナ】とは 〇演じている自分がいつしか本当の自分だと思い込んでしまうメカニズム ユング心理学で「偽りの自分」「役割を演じる」という事です。 私達は社会の中で生きているうちに、いくつかの自分を演じながら生きています。 また、求められている事に応えようとしている内に、知らず知らずに本当の自分ではない自分を演じながら生きるようになっていく場合もあります。生きている限り、そこでの役割を演じる事はあり得る事ですので、それら全てが惡いわけではありません。 しかし、演じ続けている内にあたかもそれが本当の自分だと錯覚して、無自覚に偽りの自分を生きる事で、本來の自分でない生き方になっていく事が問題なのです。

悲しみや怒りだけでなく、時には喜びや笑顔さえも、押し殺して生きている場合もあります。

自分自身の感情を認識する:感情解放の重要性

だから感情の解放が大切なんです(*^^*)

自分の怒りや恐れなどが出てきて、あまりにも対処出来ないような感情だからと言って、それを奥に閉じ込めると言う事は「臭い物に蓋をする」のと同じです。

食べ物が少し腐っていて食べられないからと、蓋のあるごみ箱に入れて置いたら、さらに腐って蓋を開けた時にはごみ箱に入れる前よりも腐り、棄てる前よりも臭くなり厄介になっていきます。

これと一緒です。

出てきた感情を見たくないと、また無視して押し込めてしまうと言う事は、その一瞬は対処出来たように思います。

しかし、その後その感情は最初よりも大きくなって、また表面に出てきます。

だから、感情が出てきた時にはその感情をきちんと感じ尽くしていく事が大切なんです。

だってその感情は自分の分身にようなものなのですから…

集合的無意識と感情の共鳴:私たちを取り巻くエネルギー

自分の感情とは全く関係ない感情から来る事もあります。

それは集合的無意識から来る感情です。

集合的無意識の力:感情が共有されるプロセス

今、日本中で自粛モードや規制で家に居る時間も多くなり、ストレスが溜まりイライラしている方が多くなっています。

今まで何とも思わなかった事でもイライラしたり、家族と居る時間があまりにも長く喧嘩が多くなり怒りが大きくなっている方も多いと聞きました。

夫婦間でイライラして怒りがあると、その感情が子供達に移ります。

それが近所に広がり、地域に広がっていく。

これは、私達の顕在意識で広がっているというのは感じられません。

その怒りの感情が無意識の下の層の集合的無意識に積み重なり、その思いと無意識的にシンクロするのです。

優しさと喜びの拡散:集合的無意識にポジティブな変化をもたらす

その逆に「優しさ」や「喜び」の感情を表に出していれば、家族もそうなっていきます。

それが地域に広がり、より多くの方がそのような感情になっていけば、集合的無意識は変わっていきます。

喜びや優しさと無意識にシンクロするようになっていきます。

自己発見と集合的無意識の転換:光への道筋と愛と光の拡散

今は、このように自分の感情にきちんと向き合い、本来の自分に戻る事が最も大切ですが、それと同時に集合的無意識を「光」に変えていく必要があります。

より多くの方が真実に目覚めていけば、その集合的無意識とシンクロして真実に目覚める人が増えていきます☆彡

 

より多くの方が本来の自分に目覚めていけば、その集合的無意識とシンクロして本来の自分に目覚めようとする人が増えていきます☆彡

 

より多くの方が愛を中心に置き物事を思考すれば、その集合的無意識とシンクロして愛を中心に置き思考する人が増えていきます☆彡

 

私達が光の方に目を向けていれば、それを伝え続ければ、その集合的無意識とシンクロして光に目を向ける人が増え、人々の目覚めの為に伝える人が増えていきます☆彡

それを出來る限り拡散し、愛に満ちた集合的無意識を創り上げる事が、わたし達スターシードやライトワーカーの役目なのです。

あわせて読みたい
【無意識と意識の心理學】深層心理にアプローチするスピリチュアル 新しい事を始めたいのに、その一歩を踏み出せない! 前に進もうとしているのに出来ない! このような時は、今に留めようと無意識が働きます。 その時、無意識と意識の心理学・メカニズムを理解し、進めるようになる為にどうしたら良いのかを解説しています。
あわせて読みたい
【不安や恐れ、怒り、悲しみの解放】感情を解放させる為のスピリチュアルメッセージ 【【不安や恐れ、怒り、悲しみの解放】感情をフラットにし解放させる為のスピリチュアルメッセージ】 今自分の感情をどのように扱ったら良いのか、どう向き合ったら良い...
あわせて読みたい
【感情を奥に閉じ込める・感情に蓋をする】スピリチュアルメッセージ 【【感情を奥に閉じ込める・感情に蓋をすると、その後どうなるのか】スピリチュアルな視点から見る封じ込めた感情の果て】 【丁寧に内観し感情を早く解放させる為のスピ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次