「自分さえ我慢すれば」をしてしまう原因と直す方法のスピリチュアルメッセージ

「自分さえ我慢すれば」をしてしまう原因と直す方法のスピリチュアルメッセージです。

目次

「自分さえ我慢すれば」をしてしまう原因と直す方法のスピリチュアルメッセージ

 

「自分さえ我慢すれば」という氣持ちで、誰かの為に動いたり誰かに合わせて生きる事をしていませんか?

 

社会を生きる上で、我慢して行動する事ももちろんあります。

しかし、自分の感情を抑えてばかりで生きていると様々な困難を伴う事になります。

 

友達や恋人、ご家族などが望んでいる事が自分の本意ではないのに、合わせてそうしてしまう事ばかりを繰り返していくと本來の自分とは真逆な生き方になっていきます。

 

「自分さえ我慢して〇〇すれば、皆が幸せ♪」

「自分さえ我慢すれば丸く収まる。」

などと考え行動するのは、一見優しさや良い事だと感じる方もいらっしゃるでしょう。

これは偽善です。

 

何故なら、本來の自分の感情ではないから「我慢」して行動するんです!

 

心からそう思っての行動でしたら「我慢すれば」という感情は出てきません。

 

このように自分の感情を抑えて行動していくと、最初は自分の感情は分かっていて苦しいという感情もあるのですが、度を越していくと苦しいという感情さえ無くなりいつしかそれが「本当のわたし」と勘違いして生きるようになっていきます。

 

本來のあなたはそうではないし、苦しいので何らかの形で知らせてくれます。

 

心のザワザワやチクッとする痛み、軽い体調不良など…

 

しかし、これを無視したりないがしろにしていくから、やがて病氣になるのです。

 

「わたしさえ我慢すれば」という感情は、自分自身をないがしろにして自分自身を痛めつけているのと一緒です。

 

「自分を大切にする」「自分を愛する」事と真逆の行為なんです!

 

「わたしさえ我慢すれば」と思うようになった原因

「自分さえ我慢すれば」をしてしまう原因と直す方法のスピリチュアルメッセージです。

〇教育による刷り込みから「自分さえ我慢すれば」と行動する

最初はこのような事はなく、本來の自分の氣持ちに素直に行動していたはずです。

 

生きていくうちに我慢を強いられる言葉を何度も投げかけられます。

・自分だって欲しいのに「お姉ちゃんなんだから妹にあげなさい。」と言われる。

何度も言われていくうちに「お姉ちゃんだから我慢しなくてはいけないんだ!」と自分に言い聞かせるようになり良いお姉ちゃんを    演じるようになります。

 

・好きな事をしていただけなのに「そんな事ばかりしていると立派な社会人になれないよ。」と言われる。

その事を取り上げられる場合もあります。

すると、この事をするのはいけない事なんだと認識してそれをやめ、親の顔色を伺い親の望む社会人になろうとします。

 

・悲しくて(悔しくて)泣きたいのに「男は泣くもんじゃない。」「男なんだから泣いてはダメだ!」と言われる。

最初はそれでも泣きたいから泣きますが、その内「男だから!」と自分に言い聞かせ泣く事を我慢するようになっていきます。

 

・活発だったりおてんばな女の子なのに「女の子なんだから大人しくしなさい。」「そんなじゃお嫁に行けないよ。」と言われる。

すると、「女の子はこんな事しちゃいけないんだ!」と思い込み、大人しい女の子を演じるようになっていきます。

このような事を何度も言われていくうちに、それが刷り込まれていくから「こうした方がいいんだ!」と思うようになっていくんです。

 

このような事を言われ続けていく内に「聞き分けのいい子」を演じるようになっていきます。

なぜなら、「親の悲しい顔を見たくない。」「親を喜ばせたい。」「親に認めてもらいたい。」などの感情があるから、親の言う事を素直に捉え本來の自分の感情を抑えるようになっていくんです。

 

「普通はこうでしょ!」「常識はこうだよ!」という事も刷り込みも同じですね。

このような教育をされている内に「普通」「常識」という枠に自分をはめ込んで、そこから出ない生き方をするようになっていきます。

 

自分の好きな事や自分が望む生き方があったとしても、「普通」「常識」という枠に自分をはめ込んで「普通とは違うよね。」と自分の好きな事や望む生き方さえもやめてしまう事もあります。

 

「〇〇しなければいけない」という感情も、ほとんどが教育の刷り込みから出來た感情です。

 

〇承認欲求が強い事から「自分さえ我慢すれば」と行動する

承認欲求とは、「いい人と思われたい。」「認められたい。」という願望が強い事です。

 

【〇教育による刷り込みから】で話したように、どんどん本來の自分ではない感情で動くようになると自分を自分で満たす事が出來なくなります。

 

だから、他者に「認めて欲しい。」「いい人と言われたい。」「優しい人と思われたい。」と自分を満たす為に外側に求めるようになっていくんです。

 

その結果、「嫌われないように」「いい人と思われるように」と自分の氣持ちよりも他者の氣持ちを優先して我慢して行動するようになっていきます。

 

・「そんなの普通じゃないでしょ!」なんて言われて「嫌われちゃうかも!」と思うから、その人が言う普通の事を我慢してやる。

・恋人の言う事を聞けば「もっと愛される」と思い、「自分さえ我慢すれば」と相手のいいなりになる。

・友達に嫌われないように・友達にいい人と思われたいから、やりたくない事も一緒にやる。

または、無理な頼まれ事を断ることなく引き受ける。

・良い社会人として認められたいから、無理を強いて我慢して仕事をし続ける。

など…

 

このような事は全て承認欲求から來る事です。

 

人の顔色ばかりを伺い、人にどう思われるかばかりを優先しているから「自分さえ我慢すれば」という氣持ちで頑張るんです。

そこに本來の自分の感情はありません。

 

〇ネガティブな感情はいけない事と思っている場合

これもやはり教育などの刷り込みから出來た感情なのですが、怒りや悲しみ、憎しみ、嫉妬などの感情は良くない事だと言われ続けていくうちに、このような感情になると打ち消そうとしてしまうようになります。

 

・「こんな事で怒るのは普通じゃない。」と思い、怒りを感じなかった事にしてしまう。

・やきもちを焼いて嫉妬という感情が出てきたにも関わらず、「わたしさえ我慢すれば」と嫉妬をという感情を抑えてしまう。

 

このようにネガティブだと思う感情を抑える事は、良い事ではありません。

 

人間は「喜怒哀楽」が備わっています。

喜怒哀楽の感情があるのが、人間です。

 

だから、ネガティブな感情もあなたの一部なんです。

 

それを醜い事だと思い込み無いものにしてしまうから、我慢が生じるんです。

 

もちろん怒りや嫉妬などを感じたからと言って相手にぶつけろという事ではありません。

相手にぶつけたからと言って、あなたの中の怒りや嫉妬が治まるわけではないのですから…

一瞬スッキリしたとしてもです。

 

怒りや嫉妬を感じたのなら、その感情を抑える事なくきちんと感じる事です。

 

苦しい感情ですから感じない方が樂だと思うかもしれませんが、感じないようにする事はそれを否定する事になります。

 

否定すればする程、抑えれば抑える程、その感情はやがて大きくなっていきます。

 

大きくなっていくからまたそれを押し込めて、怒りを感じない自分を演じます。

 

これも自分を我慢させている事の一つです。

 

だから、きちんとその感情を感じて「わたしは〇〇だと思ったからこの怒りが出てきたんだ。」と氣づく事が、この感情を認める事になりこの感情が解放されていくんです♪

「自分さえ我慢すれば」をしてしまう原因と直す方法のスピリチュアルメッセージです。

「自分さえ我慢すれば」を直す方法

「自分さえ我慢すれば」と言う氣持ちは、自己犠牲です。

 

まずは、自分を犠牲にして自分の本当の氣持ちを否定してやっていた事だと氣づく事です。

 

氣づいても自分を犠牲にしていた事を責めてはいけません。

 

自分を責めたとしても自分を変える事には繋がりませんし、責める事は自分を否定し痛めつけているのと同じだからです。

 

まずは、自分の感情を優先して下さい。

 

また、本來の自分の感情を抑えて行動していると、どんどん本來の自分の感情が分からなくなっていきます。

 

なぜなら、我慢し続けていく内に我慢している事すら忘れて、それが本当の自分の氣持ちだと勘違いするようになっていくからです。

 

あなたはどうしたいのか

あなたはどう思っているのか

それをしっかりと感じる事です。

 

分からない場合は、目を閉じてハートに手を当てて感じてみて下さい。

 

その感情を優先する事です。

 

最初からトントンといかないかもしれませんが、優先しようとしていく事で自分がどうしたいかで行動出來るようになっていきます。

 

そして、「普通は」とか「常識は」という思考を外していく事と、誰かの氣持ち優先ではなく自分の氣持ちに正直になっていきます。

 

これは「相手をないがしろにしている」事ではないという事です。

 

自分の感情に素直になっていくという事は、自分を大切にしているという事です。

 

自分の本当の感情に氣づきその感情に素直になる事で、だんだんと自分にかけていた呪縛から解き放たれていきます。

 

自分を大切にしていく事で、自分を認められるようになっていきます。

 

そして、自分をきちんと愛する事が出來ます。

 

自分に素直に自分を大切にしている分だけ、他者に大切にされ

自分を認められているから、他者にも認められるようになっていくんです。

 

「自分さえ我慢すれば」という考えは、自分を大切にする事とは真逆です。

だから、他者に大切に扱われなくなっていくんです。

 

宇宙はとてもシンプルです。

 

あなたがあなたを大切にした分だけ

あなたがあなたを認めた分だけ

あなたがあなたを可愛がる分だけ

同じ事をあなたに起こしてくれるんですよ💓

 

また、承認欲求が強い場合は自己肯定感が低い事の表れです。

 

【自己肯定感を高めるワーク】がありますので、こちらを何度もやって下さいね♪

 

すると、いつしか自分を自分で満たせるようになっていきます✨

あわせて読みたい
【自己肯定感を高めるワーク】スピリチュアルな視点で見る「自信を持つ事」 【【自己肯定感を高めるワーク】スピリチュアルな視点で見る「自信を持つ事」の本当の意味】 「自信を持つ」とは 自分の信念を持つ事 自分で自分の能力や価値などを信じ...
あわせて読みたい
【自分を変える為のスピリチュアルメッセージ】自分が変われば相手が変わる♪ 【【自分を変える為のスピリチュアルメッセージ】自分が変われば相手が変わる♪】 自分が嫌な思いをしたり、目の前の方が意地悪に思うような事を言ってきたり または、と...
あわせて読みたい
【心と體と魂の関係性とバランス】スピリチュアルなアプローチで理解する 心・からだ・魂の3つを整えていく事で、スピリチュアル(精神世界)と現実世界(3次元世界)の2つのバランスも整っていきます。 どれが欠けても良い波動を保つ事や健康を保つ事には繋がりません。病氣になる原因は、ほとんどの場合心の状態から起こります。
あわせて読みたい
【不安や恐れ、怒り、悲しみの解放】感情を解放させる為のスピリチュアルメッセージ 【【不安や恐れ、怒り、悲しみの解放】感情をフラットにし解放させる為のスピリチュアルメッセージ】 今自分の感情をどのように扱ったら良いのか、どう向き合ったら良い...
あわせて読みたい
【内観呼吸瞑想法の勧め】マントラやイメージ瞑想の限界を超える方法 内観瞑想法は、閉じ込めてしまった感情や不要な感情をクリアにし、自分自身を成長させる事が出來るお勧めの瞑想法です。また、やりすぎると統合失調症やパニック症状が起こる瞑想法もあります。内観瞑想法と他の瞑想法の違いを解説しています。
【新エネルギー・ライトコンジャンクション】モニター募集

光のあなたとの結合
あなたの輝きの連動
宇宙との連動

などを意味し、あなたの中にあるネガティブクラスターをほどき、ネガティブな感情を手放し心をスッキリさせ、本來の能力や魂の能力を発揮しやすくする為のエネルギーです。

また、脳下垂体・視床下部・松果体この3つを活性化させ、閃き・直観力、高次元からのメッセージの受け取る能力が向上し、今までにないような閃きやアイディアを受け取る事が出來るようになります。

心とお體(からだ)の振動が上がり、本來の状態に戻る事や本來の能力・魂の持っている能力が発揮しやすくなります。

この【ライトコンジャンクション】のモニターを募集いたします😊

詳細とお申込みは下記をご覧下さいませ♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次