ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

ヒーリングスピリチュアルカウンセリング 魂のあなたを生きる為に! > ブログ > 社会・政治 > ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

2021年7月 7日(水曜日) テーマ:社会・政治食・健康

vaccine-5926664_640 (1).jpg

 

ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

 

 

コロナワクチンを打った人は、體に磁石や金属が付くという話があり、多くの写真も出回っています。

なぜワクチンを打つとこのような事が起きるのか⁈

「有毒な酸化グラフェン」が体内に入り、それが生体内で強力な磁気特性となるそうです。

 

 

vlcsnap-2021-06-25-23h16m17s736.png

 

本日、La Quinta Columnaは、医療統計学者のRicardo Delgado、Dr。JoséLuisSevillano、および彼らが協力した研究者や教授のチームとして、できるだけ多くの人々、特に健康と法務に携わる人々にリーチすることを望んでいることを緊急に発表しました。彼らの研究を行っており、ワクチン接種バイアルに酸化グラフェンナノ粒子が存在することを確認しています。

 

プログラムnº63では、チームは実行された分析のいくつかの写真、特に光学および透過型電子顕微鏡観察によって得られた結果を示し、将来のプログラムに使用される他の技術の結果を予約しました。

彼らはまた、酸化グラフェンの存在を決定することを可能にした、実行されたすべての技術に基づくレポートが、すぐに分析を実行した研究者によって公式に発表されることを発表しました。

 

Orwell Cityは、いつものように、La Quinta Columnaからのメッセージを翻訳し、数時間前に公式のTelegramチャンネルで共有したビデオに字幕を付けました。

 

今後、La Quinta Columnaは、あなたの健康、身体的完全性、および環境の健康に不可欠な情報を提供します。 

 

現在販売されているマスクには、酸化グラフェンが含まれています。

メディアによって示されているように、その時点で撤回されたものだけでなく、PCRと抗原検査の両方で使用される綿棒には酸化グラフェンナノ粒子も含まれています。 

 

AstraZeca、Pfizer、Moderna、Sinovac、Janssen、Johnson&JohnsonなどのすべてのバリアントのCOVIDワクチンにも、かなりの量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。

これは、我が国のさまざまな公立大学で使用されている他の技術の中でも、電子顕微鏡および分光法による分析の結果です。 

 

抗インフルエンザワクチンには、酸化グラフェンのナノ粒子と新しい抗インフルエンザワクチンが含まれており、彼らが準備している新しい、おそらく鼻腔内の抗COVIDワクチンにも、大量の酸化グラフェンナノ粒子が含まれています。

酸化グラフェンは、生体内で血栓を生成する毒性物質であり、酸化グラフェンは、血液凝固を生成する毒性物質です。

酸化グラフェンは免疫系の変化を引き起こします

調節予備能に関連して酸化バランスを代償不全にすることによって、酸化グラフェンの投与量がいずれかの投与経路によって増加すると、免疫系の崩壊とそれに続くサイトカインストーム(血中サイトカインが過剰に産生され,致死性の病態が誘導された状態)を引き起こします。 

 

肺に蓄積された酸化グラフェンは、肺胞管への均一な播種によって両側性肺炎を引き起こします。

酸化グラフェンは金属味を引き起こします。

おそらく、これはあなたにとって今意味を成し始めています。

吸入された酸化グラフェンは、粘膜の炎症を引き起こし、味覚の喪失と部分的または全体的な臭いの喪失を引き起こします。 

 

酸化グラフェンは、生体内で強力な磁気特性を獲得します。

これは、酸化グラフェンのさまざまな投与経路の後に、世界中の何十億もの人々がすでに経験している磁気現象の説明です。

 

要するに、酸化グラフェンは、COVID-19と呼ばれる病気の前に引き起こされたと思われる新しいコロナウイルスであると思われるSARS-CoV-2です。したがって、最高レベルのほとんどの医療機関やさまざまな国で質問されたときに認識されているように、新しいコロンウイルスの実際の分離と精製はありませんでした。

COVID-19病(コロナ)は、さまざまな投与経路で酸化グラフェンを導入した結果です。 

 

酸化グラフェンは、SARS-CoV-2と同様に、エアロゾルに対して非常に強力で強力です。

他の材料と同様に、酸化グラフェンには「電子吸収帯」と呼ばれるものがあります。

これは、それを超えると材料が非常に急速に励起および酸化される特定の頻度を意味し、したがって、天然の抗酸化物質であるグルタチオンの蓄えに対する毒物の生物内での増殖との平衡を破ります。

正確には、この周波数帯域は、新しい5Gワイヤレステクノロジーの新しい放射帯域幅で放射されます。

そのため、これらのアンテナの配備はパンデミックの最中に止まることはありませんでした。

 

実際、これらのアンテナに対する国家治安部隊と軍隊による特別な監視を除けば、それらは維持された数少ないサービスの1つでした。

2019年のインフルエンザ対策キャンペーンの酸化グラフェンは、すでにアジュバントとして使用されていたため、これらのバイアルに導入されたと思われます。 

 

その後、世界のさまざまな地域で5G技術の試験が行われ、COVID-19病は、外部電磁界と現在体内にある酸化グラフェンとの相互作用で発症しました。すべてが武漢で始まったことを忘れないでください。

これは、2019年11月下旬に5Gテクノロジートライアルを実施した世界初のパイロットサンプル都市でした。これは時空の偶然です。 

 

パンゴリンとバットスープの両方のバージョンは、単に気を散らす要素でした。

酸化グラフェンの導入の目的は、あなたが想像するよりもさらに曖昧です。

したがって、この情報を吸収し、これまでの最高の政府機関からの病気に関する知識を「リセット」するだけで十分です。

国民に自分たちを守るように指示し、病気になる可能性のあるもので強制することさえできます。

論理的には、病気の原因または病因が生物学的物質ではなく化学毒物であることがわかったので、グルタチオンレベルを上げることによってそれを弱める方法を知っています。

グルタチオンは、私たちが生体内に蓄えている天然の抗酸化物質です。

 

いくつかの詳細は、メディアで報道されたすべてを完全に理解するのに役立ちます。グルタチオンは子供で非常に高いです。

したがって、この病気は子供の人口にほとんど影響を与えません。

グルタチオンは65歳を過ぎると非常にかなり低下します。

したがって、COVID-19は特に老人集団に蔓延しています。

グルタチオンは、集中的なスポーツ人口において非常に高いレベルにあります。

これが、アスリートの0.22%だけがこの病気にかかった理由です。 

 

これで、実際の無数の研究で、N-アセチルシステイン(体内のグルタチオンの前駆体)または直接投与されたグルタチオンによる治療が、患者のCOVID-19疾患を非常に迅速に治癒することが示された理由がわかります。酸化グラフェンと呼ばれる投与された毒物に対処するためにグルタチオンレベルが上げられたので、単純です。 

 

ここでラ・キンタ・コラムナが行った発見は、国家のバイオテロに対する本格的な攻撃であり、少なくとも全世界の人口に対する政府の共謀であり、現在は人道に対する罪を構成しています。 

 

したがって、この情報を医学界で利用できるようにすることは絶対に不可欠です。

一般開業医、一般的な看護および医療サービスだけでなく、地元および地域のメディアや報道機関、およびすべての環境。La Quinta Columnaは、毎日何万人もの人々が亡くなると推定しています。

私たちの国だけで、彼らが新しい5G技術のスイッチオンを行うとき。

 

現在、酸化グラフェンのインフルエンザワクチンを接種されているのはナーシングホームの高齢者だけでなく、ご存知のように、人口の大部分が酸化グラフェンの漸増接種を受けている、またはグラフェン化されていることを念頭に置いてください。 。 

 

体にはこの毒物を排除する自然な能力があります。

そのため、グラフェンを体内に保持するために、年間3回までの投与を提案しています。 

 

私たちはここに現れたもののすべての証拠を持っています。

正義が行動しようとしている間、人々は底なしの崖から押し出され続けるでしょう。

あなたがこの視聴覚資料を見ているならば、あなたは一年以上の間あなたが最高の機関から完全にそして素朴に騙されてきたことを理解するでしょう。

今だけあなたはあなたがあなたのテレビニュースで観察したすべての不一致を理解するでしょう。 

 

この貴重な情報を補足するために、https://www.laquintacolumna.netまたは私たちの電報チャンネル:La Quinta Columna TVにアクセスできます。ここでは、10万人以上がすでに真実を認識しており、彼らがいた大規模な欺瞞の一部ではありません。対象。このビデオをあなたの周りでバイラルにして、私たち全員の間でやめましょう。アジェンダ20/30ロードマップの成果である、私たちのために用意されている運命は、私たちだけにかかっています。 

引用元 緊急の発表:COVID-19は、体内にいくつかの方法で導入された酸化グラフェンによって引き起こされます

こちらの引用元には、動画があります。

その内訳となります。

 

以前、【コロナワクチンについての最新情報】マイクロチップからハイドロジェルに⁈で説明していたものは、この酸化グラフェンだったんですね。

また、【コロナワクチン・PCR検査をしてはいけない】コロナ騒動はムーンショット計画へ繋がっている!では、PCR検査の検査機にマイクロチップを付けるように変更したという話があると書きましたが、それも同じ酸化グラフェンだと言う事ですね。

 

2019年インフルエンザワクチンにも仕込まれていたとの事ですが、2020年の冬か2021年1月だったか忘れたのですが、ある方が「インフルエンザワクチンを打ったら今までは全く無かったのに、今年は打った腕が腫れ上がり黒くなって痛くて仕方なかった。」と言っていた事がありました。

 

毒性が強くなったからではないかと感じていましたが、もしかすると酸化グラフェンが既に入っていたからなのかもしれませんね…

 

【ワクチンは5Gマインドコントロールのための酸化グラフェンナノチューブを提供します】

 

magnet6-300x169.jpeg

 

スペインの研究者は言う

こと covidワクチンに見られるグラフェン酸化物ナノ粒子は、ニューロンおよび他の脳細胞と適合性です。

酸化グラフェンのナノチューブが検索され、シナプスに付着します。

 

La QuintaColumnaと呼ばれるオンラインプログラムを主催するアンダルシアの医療統計学者 RicardoDelgadoと彼のパートナーであるホセルイスセビリアーノ博士(かかりつけ医) は、ほとんどの予防接種を受けた人々に存在する否定できない磁気現象を分析しました 。

 

彼らは、酸化グラフェンナノ粒子が実際にニューロンや他の脳細胞と互換性があることを発見しました。

酸化グラフェンのナノチューブはシナプスを検索し、それらに付着します

 

グラフェンナノ粒子は、周波数によって興奮し、被験者の行動の変化を引き起こしました。

より正確に言うと、 グラフェンナノ粒子は、5Gテクノロジーの41.6GHzマイクロ波の周波数で共振を検出します。

 

酸化グラフェンナノ粒子を接種した被験者は、5Gの範囲内のさまざまな周波数に調整することで精神的に操作できます。

彼らは、実際には存在しない感情、思考、または物事を感じ、考え、見ることができます。彼らは偽の記憶を開発したり、実際の既存の記憶を削除したりする可能性があります。

 

完全に有効化された5Gネットがなくても、人々は奇妙に感じると報告しています。

他の研究によると、 グラフェンナノ粒子は、covid関連の症状と血栓の原因であるとのことです。

引用元 ワクチンは5Gマインドコントロールのための酸化グラフェンナノチューブを提供します

 

※記事内の画像は、それぞれの引用元からお借りしております。

 

 

こちらもご参考にされて下さいね♪

ワクチン研究者が認めたスパイクタンパク質は危険な「毒素」

【コロナワクチンについての最新情報】マイクロチップからハイドロジェルに⁈

【コロナワクチン・PCR検査をしてはいけない】コロナ騒動はムーンショット計画へ繋がっている!

スマートシティ法案とコロナワクチンとマイナンバーカードの関係性



メールアドレス

関連記事

パーキンソン病、他の神経変性疾患の症状を引き起こすコロナワクチン

パーキンソン病、他の神経変性疾患の症状を引き起こすコロナワクチン

2021年7月25日(日曜日)

【ケムトレイルとhaarpで気象操作】本物の雲や雪と人工雲・人口雪の違い

【ケムトレイルとhaarpで気象操作】本物の雲や雪と人工雲・人口雪の違い

2021年7月12日(月曜日)

ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

ワクチン、マスク、PCR検査は全て5Gマインドコントロールの為、酸化グラフェンを含んでいる

2021年7月 7日(水曜日)

現代の病院も藥も治癒が目的ではなく利権の為

現代の病院も藥も治癒が目的ではなく利権の為

2021年7月 6日(火曜日)

❰拡散のお願い❱予防接種法施行・ワクチンパスポートと紐付け

❰拡散のお願い❱予防接種法施行・ワクチンパスポートと紐付け

2021年6月30日(水曜日)